証言者の歴史

アブラハム・クラウスナー

ラビ(ユダヤ教指導者)アブラハム・クラウスナーは、米国の従軍牧師でした。 彼は1945年5月にダッハウ強制収容所に到着し、116番目の避難病院部隊に配属されると、約5年間にわたって難民キャンプでユダヤ人生存者の救済に従事しました。

謄本

その強い衝動、その気力は偉大なものでした。人々は収容所から脱走し、歩き、さまよいました。チェコスロバキアとポーランドを通ってロシアへ向かう交通機関はありませんでした。人々は家族の消息を捜し求めました。 人々は東ヨーロッパからミュンヘンにやって来ました。そこで私たちは大掛かりな捜索プログラムを立ち上げました。 さらに捜索者リストも発表しました。私たちは最初にミュンヘンのドイツ博物館にセンターを設けました。ヨーロッパ中から家族について尋ねるために人々がやって来ました。 ロビーにテーブルを置いたのですが、 捜索者リストのページが破かれてしまったので、テーブルにリストを追加しなければなりませんでした。その次はもう少し長くもつように、ページを鋲で固定しました。 しかし、ここでリストに名前を見つけられなかった人々は、壁に行きました。とても大きな壁でした。いつかどこかで連絡が取れるように、親や子供宛てに「ここにいました」、「探しています。私はここにいるか、あるいはそこに行きます」のようなメモを壁に書きました。 私たちは東ヨーロッパの子供たちの捜索に力を注いでいました。 子供たちをキリスト教徒の知り合いなどに預けていった人々が、その子供たちを見つけたがっていました。そこで子供の捜索プログラムを立ち上げる必要がありました。このプログラムは運まかせでしたが、かなり有効なケースが多くありました。


詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.