証言者の歴史

アグネス・マンドル・アダチ

アグネスは1939年、スイスに留学してフランス語を学んでいました。 1940年にブダペストに戻りましたが、1944年のドイツ軍によるハンガリー占領後、スウェーデン大使館に保護されました。 その後、ブダペストのユダヤ人を救うための活動をしていたスウェーデン外交官ラウル・ワレンバーグのもとで、彼女は保護証明書(Schutzpaesse)の配布などの仕事を始めました。 ソ連軍がブダペストに侵攻したとき、アグネスはルーマニアに行こうと決心しました。 戦後、彼女はスウェーデンとオーストラリアに移り住んだ後、米国に渡りました。

謄本

ラウルは、はるばるオーストリア国境までその人々を追いかけました。 あるときペア・アンガーがラウルに同行し、ラウルは分厚い黒色のファイルを持っていました。 駅へ向かう途中、ラウルは立ち止まり、ナチスに向かって完璧なドイツ語で叫びました。「一体この人々をどこへ連れて行くつもりだ。みんな保護された人々だぞ。」そして、「私の証明書を持っている人はみんな振り向いてくれ。」 その中に私の仲の良い友人がいました。彼女はどうせナチスに殺されると話していました。 彼女は振り向きました。 彼女も、彼女の姉も母親も、証明書を持っていませんでした。 「トラックに乗れ、 いいか。」 そしてラウルは黒色のファイルを開き、名前を機関銃のように早口で読み上げ始めました。 人々は状況を悟りました。自分の名前が呼ばれたかどうかにかかわらず、まだ歩ける人は歩いて乗り込みました。 そしてラウルは約千人もの人々をブダペストの安全な住宅に避難させました。 ブダペストに戻る途中、ペア・アンガーが言いました。「ラウル、保護対象者のリストがあることも、名前を把握していることも知らなかったよ。 いつ調べたんだい?」 ラウルは大笑いをし始め、「いつ調べたのかを見せてあげよう」と言ってファイルを開きました。そこには名前など一つも書いてありませんでした。それは彼のとっさの思いつきだったのです。 彼は行動を起こす必要がありました。 人々を救わなければならなかったのです。 また、ラウルは運転免許証と保険証書も持っていました。ドイツ人が読むことのできないハンガリー語であれば何でもよかったのです。 彼はその書類を列車まで持って行き、ドアを開けるように要求して、人々に大声で言いました。「ここに書類があるから、誰それは降りなさい。」 数人に対してこれを行い、「もしかして逃げられるかもしれない」と人々に気づかせました。 ラウルは書類を手渡し、数人は自分の名前が書かれてもいない保護証明書を受け取りました。何しろ、保険証書でも納税通知書でも、何でもよかったのです。 こうしてラウルは彼らを連れ戻しました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.