証言者の歴史

アリサ(リサ)ナスバウム・ダーマン

リサは、信心深いユダヤ人家族のもとに生まれた3人の子供のうちの1人でした。1939年にふるさとの町がドイツに占領された後、リサとリサの家族はアウグストゥフに引っ越し、その後スロニム(ソ連占領下のポーランド東部)に引っ越しました。1941年6月、ドイツ軍は、ソ連の侵略中にスロニムを占領しました。スロニムではドイツ軍がゲットーを設立し、このゲットーは1941年〜1942年の期間、存在していました。リサはしばらくしてスロニムから脱出し、グロドノを経てヴィリニュスに移動し、そこでレジスタンス運動に参加しました。彼女はパルチザングループに加わり、ナロッチの森の中にある拠点からドイツ軍と戦いました。ソ連軍は1944年にこの地域を解放しました。東欧の25万人のユダヤ人ホロコースト生存者のブリハー(「飛行」、「避難」)移行に加わったリサと夫のアロンは、ヨーロッパを脱出しようとしました。パレスチナに入ることのできなかった2人は、結果的に米国に定住しました。

謄本

パルチザンはどのような活動をしていたのでしょうか? ドイツ軍が進撃できないようにしました。木を切り倒して、道路を封鎖しました。オトリアードと呼ばれるレジスタンスの住処の入り口に地雷を仕掛けました。電話線を切断したり、ときには不意打ち攻撃をかけ、ダイナマイトで道路を爆破したり、同じくダイナマイトで列車を爆破したりしました。そして、同様に森に隠れていたユダヤ人たちを助けました。幼い子供たちや、お年寄り、女性たちがいました。焼け出されたり、みんな虐殺されるなどして、家族で1人、ユダヤ人街(ゲットー)から逃れてきたのでしょう。子供がたくさんいました。そんなに大勢ではありません。最初は、野生の動物のように次から次へと場所を変え、隠れ、食料も十分なく、中には死ぬ人もいました。しかし、われわれは森へ入り、農民たちに彼らを守り安全を提供するようにと脅しました。彼らの安全が守られなかった場合は、農民たちを厳しく罰すると。そして、驚くことに農民たちはわれわれに従ったのです。われわれに力があることを知っていたからです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.