証言者の歴史

バルト・シュテルン

1944年3月のドイツ軍によるハンガリー占領後、バルトは彼の故郷の町に建設されたゲットーに強制移送されました。 1944年の5月から7月にかけて、ドイツ軍はユダヤ人を、ハンガリーから占領下のポーランドにあるアウシュビッツ絶滅収容所に移送しました。 バルトはアウシュビッツに家畜運搬車で運ばれました。 アウシュビッツでは、炭坑で穴を開けたり掘ったりする強制労働力として選別されました。 ソ連軍が1945年1月にアウシュビッツ収容所に向けて進軍していたころ、ドイツ軍はほとんどの囚人に収容所から死の行進に加わることを強制していました。 収容所の診療所にいた病気の囚人のほかに、バルトは解放の時点で収容所に残っていた数少ない収容者の1人でした。 他の多くの囚人が1945年1月に死の行進を強いられた後も、彼は収容所に隠れて生き延び、解放されました。

謄本

私が生き延びたことは最大の奇跡でした。 どの宿舎の前にもブロックエルテステがいる独立した小さな小屋がありました。ブロックエルテステとは宿舎の班長のことです。小屋には鍵の付いたパンが配給されるパン入れがあり、誰も近づけないようになっていました。 パン入れの蓋の蝶番は既にもぎ取られていたので、私はその中に逆さに隠れていました。 親衛隊が探しにやって来て、パン入れを蹴ったのですが、運良く見つかりませんでした。 私はとても痩せていたので、見つかりませんでした。 これが理由だったのでしょう。こうして私は生き延びました。 彼らが去って、気配がなくなってから約1時間後、宿舎に戻ろうと思いました。しかし、死の行進に残されたポーランド人とウクライナ人が私を中に入れてくれなかったので、私は死体の山に隠れました。先週、火葬場がまったく使えなかったので、死体がうずたかく積み重ねられていました。 彼らが戻って来るのが怖かったので、私は死体の間に潜り込みました。 夜間はそこに隠れ、昼間は収容所を歩き回りました。そして1月27日、ビルケナウ収容所が最初に解放されました。ここが私が生き延びた場所で、私はその最初の1人でした。 こうして私は偶然にも生き延びたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.