証言者の歴史

ベラ・ジャクボヴィッチ・トーベイ

ベラは、ソスノヴィエツに住んでいたユダヤ人家族のもとに4人の子供の長女として生まれました。 彼女の父親は編物工場を経営していました。 ドイツ軍が1939年にポーランドに侵攻すると、工場は接収され、 一家の調度品はドイツ人女性に引き渡されてしまいました。 1941年、ベラはソスノヴィエツゲットーの工場で強制労働に従事していました。1942年の終わりに、家族はベンジンゲットーに移送されました。 ベラは1943年にはグロス・ローゼンのグレーベン補助収容所、1944年にはベルゲン・ベルゼンに移送されましたが、1945年4月に解放されました。

謄本

私は工場に送られました。 そこでは亜麻から糸を紡いでいました。 制服か衣服のための糸でした。 少し覚えています。通りを歩いていたことは覚えています。荷車に積まれてドイツに送られた後、収容所のあったグレーベンに行くために、小さな町を歩いて通り抜けなければなりませんでした。もちろん歩道ではなく、車道を歩いていました。 ドイツ人たちは通りに並んで私たちを見ていました。彼らが驚いていたことを覚えています。 私たちはまだ、家から連れて来られたときのままの服を着ていました。囚人の服装ではありません。並びの良い歯に強さを兼ね備えた美貌を持つ、とても美しい少女や女性でした。 私は当時16歳で、17歳や18歳の少女もいました。 20代初めの女性もいました。ある人は本当にきれいでした。 ドイツ人たちが驚嘆していたことを覚えています。 歩道に立っていた彼らは、「これがユダヤ人の女性だというのか?きれいで普通すぎる」と言いました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.