証言者の歴史

ベンジャミン・(ベリル)・フェレンツ

ベンはルーマニアのトランシルバニアのカルパティア山脈にある小さな村で生まれました。 彼が幼いときに、家族は米国に移り住みました。 ベンはハーバード大学に通い、刑法を勉強しました。 1943年にハーバード大学法学部を卒業し、西ヨーロッパへの連合国軍の侵攻に備えて訓練中だった米軍の高射砲部隊に加わりました。 ヨーロッパの第二次世界大戦が終結すると、ベンは米軍の戦争犯罪捜査部門に転任し、背後関係の証拠収集および申し立てを受けたナチ戦犯の逮捕を担当しました。 最終的に彼は、ニュルンベルク継続裁判のアインザッツグルッペン訴訟で米国の検事総長に就任しました。

謄本

事務所は第3軍の法務官本部でした。ここは戦線が前進するにつれて移動し続けました。 場所はエルランゲンかミュンヘンかどこかでした。私たちは通常、ドイツの宿舎を引き取り、その部屋に机とタイプライターを置きました。 私は入手した文書をすべてそこに持ち帰り、報告書を作成しました。 報告書には次のように書きました。 「ある日、米軍がX収容所に入った。たとえば、マウトハウゼンだとします。 そこで軍は次のような場面に遭遇した。 収容所には元々、5万人の収容者がいた。1万2千人が生存しており、その前日に1万人は行進して出て行った。 収容所の将校は誰と誰だった。 火葬は行われていたが、火葬場の前には多くの死体が積み重ねられてあった。 10人の証人から供述書を取った。それらは1から10の証拠書類として添付されている。 これらの犯罪に責任がある容疑者は、誰と誰である。 至急、戦争犯罪および治安犯罪容疑者中央登録所(CROWCASS)のリストに名前を登録するよう命令書を交付する。 米軍の兵士全員にリストを配布し、戦争捕虜はどこにいても全員をこのリストと照合し、逮捕して、本部に報告させること」。 私の調査の目的は、何が起こったかを説明することでした。裁判所で認められる確かな証拠を集め、国際法の下で犯罪者に有罪判決を下せるようにすることでした。 それが目的であり、私たちが行ったことでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア