証言者の歴史

シャーリーン・シフ

シャーリーンの両親は共に地元のユダヤ人コミュニティの指導者で、家族はコミュニティの活動に熱心でした。 父親はリボブの州立大学で哲学の教授をしていました。 1939年9月1日、ドイツのポーランド侵攻によって第二次世界大戦が勃発しました。シャーリーンが住む町は1939年8月の独ソ協定でソ連占領下になった東ポーランドにありました。ソ連による占領の下で、家族はそのまま自宅に住み、父親は大学で教鞭を取り続けました。 1941年6月、ドイツがソ連に侵攻して町が占拠された後、シャーリーンの父親が逮捕されました。 それが父の姿を見た最後でした。 シャーリーンは母親と姉と共に、ホロショーでドイツ人が建設したゲットーに強制移送されました。 1942年、ドイツがゲットーを破壊するという噂を聞き、シャーリーンは母親と共にゲットーを逃げ出しました。 姉は別の経路で隠れましたが、以後の消息は途絶えました。 シャーリーンと母親は川辺の茂みの下に隠れました。追っ手の目をかわすために、時には水の中に潜ることもありました。 こうして数日が過ぎました。 ある日、シャーリーンが目を覚ますと、母親の姿がありませんでした。 シャーリーンはホロショー近くの森に一人で隠れ、やがてソ連兵によって救出されました。 彼女は後に米国に移住しました。

謄本

初めのころ、母は何人かの女性と一緒に、仕事に駆り出されない小さな子供たちのために秘密の学校を作りました。私たちはこの学校がとても楽しみでした。 空腹であることも、粗雑な日常生活も忘れることができました。この学校は数か月間続きました。 私の母を含む女性たちはゲットーの外に出ていって、クレヨンや紙、本などを物々交換で手に入れてきました。お話を聞いたり、お絵かきをしたり、とても楽しい時間でした。 もっと長く続けば良かったのに。でも、ほんの数か月しか続きませんでした。 やがてすぐに、物々交換できる宝石も、お金もなくなりました。 物資が不足し、学用品もなくなり、ゲットーでの士気も消沈していきました。 女性たちはゲットーへ戻った後で疲れ果て、空腹と疲労に打ちのめされ、子供たちの前で明るい顔をする元気もなくなりました。 それでこの学校は自然に消滅してしまったのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.