証言者の歴史

ドロツカ・(ドーラ)・ゴールドシュタイン・ロス

1939年にドイツ軍がポーランドに侵攻した後、ドーラの家族はリトアニアのビリニュスに逃れました。 ドイツ軍がビリニュスを占領したとき、ドーラの父親は射殺され、残りの家族はビリニュスのゲットーに監禁されました。 ドーラは姉と母親と一緒にラトビアのカイザーヴァルト収容所に送られ、その後、ダンツィヒの近くのシュトゥットホーフ強制収容所に移送されました。 そこで母親と姉は亡くなりました。 ドーラは解放される直前に銃撃されましたが、命は取りとめました。

謄本

まだ母と姉が生きていたときのことです。脱走した3人の女性のために、私たちも処罰されました。 私は最近アウシュビッツを見に行きましたが、そこで鉄条網や高圧電線を張り巡らせた壁を見て、シュトゥットホーフでのことがフラッシュバックのようによみがえりました。 その人たちがどうやって脱走したのかはわかりません。 高圧電線には常に電気が流れているわけではありませんでした。人が近づいたり、触ったりしようとすると、電気が流れて、感電するようになっていたのです。 だから、彼女たちがどうやって高圧電線を乗り越えたのかはわかりません。 でも逃げられたのです。 見つけられることはありませんでした。 そのために私たちが罰せられました。12時間も寒空の下に裸で立たされました。それだけでなく、4〜5人の女性が前列から選ばれました。私たちは列になって立っていたのです。彼らはその女性たちをレイプしました。私はまだ本や映画やテレビでも、そんなことを読んだり見たりしたことはありませんでした。それはひどいものでした。 若い女性たちが男たちに棒を使ってレイプされているのを見ました。私の横にいた母は手で私の目を覆い、性的な暴行の様子を見せないようにしました。 私はそれまでに性的なことなど目にしたことがありませんでした。


詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.