証言者の歴史

フランツ・ヴォールファート

フランツとその家族はエホバの証人でした。 1938年、ドイツはオーストリアを併合しました。第二次世界大戦の勃発後、フランツの父親はエホバの証人として戦争に反対したかどで処刑されました。 1940年、フランツは軍事訓練への参加を拒否し、ナチスの旗にも敬礼しませんでした。 フランツはグラーツで刑務所に入れられ、ゲシュタポ(ドイツの秘密警察)による尋問を受け、ドイツの収容所で5年間の強制労働に就かされました。 フランツは1945年に米軍によって解放されました。

謄本

最初の出来事は、1939年に父が兵役登録のために呼び出されたことでした。まだポーランドとの戦争も始まっていないときでした。 その委員会で父は、第一次世界大戦による傷病兵なのは明らかだと言われました。 父は重い関節炎を患っていました。 また、歯もすべて失っていました。 第一次世界大戦で十分な痛手を受けているのだから、このまま帰宅させるべきだと言われました。 しかし、ドイツ人の士官による質問がつまづきとなりました。 父はエホバの証人として戦争に関わることは良心に反することだと述べたのでした。 それで、兵役免除になったにもかかわらず、 軍の留置所に送られました。 そこで3か月ほど拘留され、ウィーンの陸軍留置所からベルリンに移送されました。 そこで軍事裁判にかけられ、他の28人のエホバの証人と共に死刑の宣告を受けました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.