証言者の歴史

ゲルダ・ブラックマン・ヴィルヒフォルト

1939年5月、ゲルダと両親はセントルイス号でキューバに渡るビザを取得しました。しかし、船がハバナ港に到着した際、難民のほとんどは入国を拒否され、船はヨーロッパに戻らざるを得ませんでした。 ゲルダと両親はベルギーで下船しました。 1940年5月、ベルギーはドイツ軍の攻撃を受けました。 ゲルダは母親とスイスに逃げました。 戦争が終わった後、2人はゲルダの父親が移送中に死亡したことを聞かされました。

謄本

ご想像どおり、船内は最悪なムードでした。 全員が非常に気落ちしていました。 自殺しようとする人が数人いました。ある男性は手首を切ったのだと思います。その人ともう1人だけが上陸を許可されました。病院で治療を受けるためでした。 その人がそこに留まったかどうかは知りません。 多分残ったのでしょう。 そこに残ったのはその人だけだったに違いありません。 でも人間は常に希望を抱くものです。 何か良いことが起きるだろうという希望に、常にしがみついています。 このまま大海で死に果てることにはならないだろうと思っていました。 何かが起きることは必然でした。 私たちが恐れていたのはドイツに戻ることでした。 それを一番恐れていたのです。 食べ物は次第に悪くなっていき、飲み水はありましたが、長く持つように注意しなければなりませんでした。もちろん、楽しい気分は完全に消滅しました。 楽しいことはもう何もありませんでした。 ただじっと座って、何が起きるかを待つだけでした。委員会は世界中に電報を打って、私たちを受け入れてくれるところを探しました。 委員会では広報紙のようなものを毎日発行して、乗客に状況を伝えていました。どの国に受け入れてもらえそうか、どこに行くことになるかなどです。何も実現しないまま、最終的にはマイアミ沿岸に近づきました。船長が強制上陸の同意を得たとのことでしたが、私たちにはその時点では何も知らされていませんでした。 沿岸警備隊の舟艇が私たちの船を取り囲み、沿岸に近づかないようにしました。 私たちはマイアミの明かりを見ました。 アメリカの明かりを見ました。でも、ただそれだけでした。 船はゆっくりとヨーロッパに戻りました。 ユダヤ人抗議連合(UJA)とパリのタッパー氏との間で何回も交渉が行われ、最終的に私たちは、ベルギー、オランダ、フランス、イギリスに上陸するグループに分散されました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.