証言者の歴史

ヘンリー・J・ケラーマン

ヘンリーは1937年にベルリン大学で法学の博士号を取得しました。ボルチモアのヘブライ教会のラビを身元引受人として、ヘンリーはその年に米国に移住しました。 1945年、戦略諜報局(OSS)はドイツのニュルンベルクで開催される国際軍事裁判の審理前の準備の任務をヘンリーに与えました。 彼は多数の証人や被告を尋問しました。 戦後、ヘンリーはさまざまな外交上の職務に就きました。

謄本

いくつかの強制収容所とワルシャワのゲットーの様子を映した「死の工場」というドキュメンタリーフィルムを上映しました。 法廷を暗くし、照明は22人の被告の顔だけを照らしていました。 残虐行為が映し出されている間、私は被告の表情を観察することができました。 彼らが精神的に脆く崩れていく様子は驚くべきことでした。 ヘルマン・ゲーリングとルドルフ・ヘスは画面を決して見ませんでした。 裁判中に自分は残虐行為に一切関わっていないと言い続けていたヒャルマル・シャハトは、画面に背を向けて腕組みをし、自分はナチス時代にそこにいなかったとでも言うような態度でした。 「ポーランドの殺戮者」と呼ばれていたハンス・フランクは泣き出しました。 ナチスの労働責任者であったフリッツ・ザウケルも同様でした。笑みを浮かべて嬉しげに画面を見ていたのはユリウス・シュトライヒャーだけでした。彼はババリア地方やフランケン地方でナチスの地域リーダーを務め、攻撃者や突撃隊員というような意味の「シュテルマー」という反ユダヤ主義新聞の編集発行人でした。 これは彼のショーでした。 彼はこのフィルムで正当性が証明されたと感じていたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.