証言者の歴史

イレーヌ・ヒズメ

イレーヌと双子の弟のルネは、レナーテとルネ・グットマンのもとに生まれました。 2人が生まれて間もなく、家族はプラハに移りました。プラハに住んでいた1939年3月、ドイツ軍がボヘミアとモラビアを占領しました。数か月後、父親は軍服を着たドイツ兵に逮捕されました。 数十年後、イレーヌとルネは父親が1941年12月にアウシュビッツ強制収容所で殺害されたことを知りました。イレーヌとルネは母親と共にテレージエンシュタットのゲットーに送られ、後にアウシュビッツに移送されました。 アウシュビッツでルネとイレーヌは引き離され、医学的な実験の対象になりました。 イレーヌとルネは、アウシュビッツから解放された後もしばらく離ればなれのままでした。 イレーヌは、ヨーロッパの孤児院を転々としました。 1947年、イレーヌは児童救出グループによって米国に連れてこられ、そこで1950年にルネと再会しました。

謄本

私はフランスに送られ、やがてフュブレーヌにある孤児院に落ち着きました。 そこはパリからそれほど遠くないところでした。 そこで私は最年少の子供たちの1人でした。私は友達のミリアム以外とは誰とも口をききませんでした。ミリアムは7歳ぐらい年上だったと思います。 彼女はある意味で、私にとって母親のような存在でした。私の髪は長い巻き毛で、ミリアムは私の髪をあれこれいじったりして、とても優しかったのです。私はそこで身体に番号を付けられている唯一の子供でした。私は自分が何かとても悪いことをしたので、ほかの誰も番号を付けられていないのに、自分だけに番号が付けられているのだと思っていました。 ここにいた子供たちのほとんどは、なんとか隠れおおせて逃げてきた子たち、親が一時的に孤児院に預けて後で引き取りにくるのを待っている子たち、家族が離れた場所にいて、そこに送られるのを待っている子たちなどでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.