証言者の歴史

リア・ハマースタイン・シルバースタイン

リアは、ポーランドのワルシャワ郊外のプラガで育ちました。 彼女はハッショーメール・ハッツァーイール・シオニスト青年運動に参加していました。 ドイツが1939年9月にポーランドを侵略すると、ユダヤ人はワルシャワのゲットーに強制的に住まわされ、ドイツ軍はこのゲットーを1940年11月に封鎖しました。ゲットーの中で、リアはハッショーメール・ハッツァーイールの仲間たちと一緒に住んでいました。 1941年9月に、彼女と青年グループの仲間たちはゲットーから脱出し、ポーランドのチェンストホーバの近くにあるザーキのハッショーメール・ハッツァーイール農場にたどり着きました。 1942年5月にリアは地下組織の秘密工作員となり、ポーランドの偽造書類を使用してクラクフ・ゲットーとその近くのプラショフ強制収容所の間を行き来しました。 状況が悪化してくると彼女はタルヌフに逃げましたが、その後すぐにクラクフに戻ることを決心しました。 リアはチェンストホーバとワルシャワで非ユダヤ系ポーランド人を装い、ユダヤ国家委員会とユダヤ人戦闘組織(ZOB)の秘密工作員を務めました。 1944年のワルシャワのポーランド人反乱では人民軍のユダヤ人部隊と共に戦い、ソ連軍によって解放されました。 戦後、彼女は人々がポーランドから移住するのを援助し、彼女自身はイスラエルに向かった後、米国に移住しました。

謄本

私はそこにいることを非常に幸せに思いました。やっと夢が叶ったのです。我々は自分たちの母国を持つことを夢見ていたのです。 そしてついに私はそこに来たのです。私はテルアビブの通りを歩いていて、ヘブライ語の碑文を見たときのことを覚えています。 それはまさしく夢のようでした。 そして私がエルサレムに到着したときは、ハヌカの時期でした。店のショーウィンドウにはメノラー、つまりハヌカ用の燭台が飾られていました。そのとき突然、子供の頃の祖母との思い出がすべてよみがえってきたのです。戦争中の5年間、私にとってはユダヤの祝日はありませんでした。ですから突然、思い出がよみがえり、自分のイメージを再び変えなければなりませんでした。 私は以前、ユダヤ人女性からポーランド人女性に変身しなければなりませんでした。 そして今度は、ポーランド人の殻から出て、ユダヤ人に再び戻る必要がありました。 これは容易ではない心理的プロセスです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.