証言者の歴史

ルシーン・ホーン

ルシーンは、ルブリンでユダヤ人家族のもとに生まれました。父親は法廷通訳者で、母親は歯科医でした。戦争は1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドを侵略したことを発端に始まりました。ルシーンの家は、その後まもなくドイツ軍によって襲撃されました。ドイツ軍がルブリンを占領した直後、ユダヤ人はそれぞれ自らをユダヤ人として識別するバッジをつけることを強要されました。ルブリンのユダヤ人街(ゲットー)は、1942年1月に閉鎖されました。ルシーンは、一連の虐殺、および同年3月から4月にかけて起こったゲットーからの追放を生き延びました。労働許可証を持った者たちは、1942年4月、マイダネク絶滅収容所の近くの新しいゲットーのマイダン・タタルスキに移されました。ルシーンは、ドイツがゲットーを解体した1942年11月にマイダン・タタルスキを逃れました。彼女は最終的にはワルシャワに到達し、最初はゲットーへ入りましたが、その後「アーリア」側で身を隠しました。

謄本

私が見たのは、狂ったように市中を走り回り、家々に入っては、掴めるものをすべて掴み取っているドイツ軍の姿でした。このドイツ軍の一団は私たちの家にも入ってきて、指輪や時計など、私の母の手からもぎ取れるものはすべてもぎ取り、私たちの所有物をすべて掴み、好き勝手に欲しいものを取り、陶磁器を割り、私たちを殴り倒し、出て行きました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.