証言者の歴史

ミーゾウ(マイケル)・ヴォーゲル

1939年、スロバキアのファシストはミーゾウが住んでいたトポリチャニの支配権を握りました。1942年、ミーゾウはスロバキアが運営するノヴァキー強制収容所を経てアウシュビッツに移送されました。彼はアウシュビッツで「65,316」という番号の入れ墨を彫られました。これは彼の前に6万5,315人の囚人が同様に入れ墨をされたことを意味します。彼は最初はブナ工場で強制労働をさせられ、その後ビルケナウの「カナダ」部隊で、到着した列車の荷下ろし作業をさせられました。1944年の後半、囚人はドイツの強制収容所に移送されました。ミーゾウはランツベルグからの死の行進中に脱走し、米軍により解放されました。

謄本

門を通って鞭と殴打と犬が飛びかかる中で、行進を続けさせられ、レンガ作りの巨大な建物に到着しました。私たちはその建物の中に乱暴に押し込まれました。そこには囚人と親衛隊がいて、次にすることを指示していました。長いテーブルがありました。最初の区域は脱衣場でした。後ろにはフックがありました。衣類を針金に通してつるし、靴を脱ぎ、床に置きました。次のテーブルは、理髪師。収容所の理髪師でした。頭を剃り、髪を切り、全身を剃りました。衛生のためだと言われました。次に別のテーブルに移動し、入れ墨を入れました。入れ墨は左の前腕に彫られました。1人がアルコールをつけた汚れた布をこすりつけ、もう1人がインク入れと針を持っていて、番号を刻みました。私の番号は65,316でした。これは入れ墨の番号を入れられた人が私の前に6万5,315人いたことを意味します。入れ墨が終わると、別の場所で衣類をもらいましたが、着てきたものとは異なる衣類でした。茶色の縞模様の帽子、上着、縞模様の上着、縞模様のズボン、1足の木靴、およびシャツが与えられました。ソックスや下着はありませんでした。最後の区域では、ユニフォームをもらいました。細長い布2枚です。布は、長さ15センチ、幅は約4センチでした。そして、左前腕の番号に対応して、ダビデの星が左胸とズボンの右足に縫い付けられました。最後の品物は、受け取った中で最も重要なものでした。それは食事用の丸いボウルでした。このボウルは命の綱とも言えました。第1に、それがなければわずかながらの配給も受けることができなかったのです。第2に、トイレはほぼ皆無でした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.