証言者の歴史

ニールス・バンバーガー

ニールスは信心深いユダヤ人家庭に育ちました。 1932年に家族はデンマークのコペンハーゲンに逃亡し、ここでニールズの父は1930年代半ばに骨董品店を開きました。 ドイツ軍は1940年4月にデンマークを侵略しましたが、3年間の占領中、ニールズにはほとんど変化は感じられませんでした。 1943年10月に、ドイツ人がユダヤ人狩りを計画していることを聞くと、ニールズと彼の家族は逃亡する決心をしました。 レジスタンスのメンバーによってスネッカーステンという漁村まで連れてきてもらった彼らは、そこから船でスウェーデンに渡ることができました。 ニールズは1945年5月にデンマークに戻りました。

謄本

我々はその日学校にいました。 大量の爆撃機が次から次へと上空に現れたのです。数百機の爆撃機が飛行してきて、さらにオートバイや馬に乗ったドイツ軍兵士、大砲を引きずった兵士、そして大きな戦車がそこら中に現れました。 彼らはこの国を占領するまでに、2時間とかかりませんでした。 抵抗はできなかったのです。 デンマークは非常に小さな国でした。 そして、生活は以前と同じように続けられました。ただし、銀行の前の、通りのこちら側を歩くことは禁じられていました。 ドイツ軍は、銀行やホテルなどの警備の必要な重要な建物の前に、銃や鋼製のヘルメットを身につけた兵士を配置しました。 しかし、それ以外は本当に何も起こりませんでした。 警察はまだ強制力を持っていて、デンマーク軍は、存在してはいても何か言うこともすることもたいしてできませんでしたが、誰もがそれまでと同じ生活を続けていました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.