証言者の歴史

リフカ・マスコウィッツ・グラーツ

リフカはデブレチェンの信心深い家族のもとで育てられました。 彼女の家族は1940年代初期に、1940年にルーマニアからハンガリーに併合された、北トランシルバニアのクルージュ(コロジュヴァール)に引っ越しました。1944年に、一家はクルージュの自宅から退去させられました。 彼らはナチスに協力していたハンガリア軍によって検挙され、煉瓦工場に連れて行かれ、そこに1か月間収容されました。 1944年6月に、リフカはベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されました。 そして8か月後に、スイスに移送されました。 彼女は1945年9月にパレスチナに船で渡り、1958年に米国に移住しました。

謄本

どれだけ居心地が悪かったことでしょうか。 そのとき私はすでに7歳半になっていました。 考えてみてください。7歳半だったのです。 ですから私は1年生に入学し損ない、2年生にも進級できなかったので、まだ1年生になったばかりでした。 そのとき私は初めて学校に行って読み書きを学び始めたのです。 その上私は、ハンガリー語を話す人のいないキブツに来たのです。 私はドイツ語をほとんど話せず、ヘブライ語も全く話せませんでした。 ですからコミュニケーションは非常に難しかったのですが、すべての子供と同様に、すぐに言葉を覚えました。習うしかなかったので、新しい言葉をすぐに覚えたのです。 でも、母や兄とのコミュニケーションはとても難しかったのです。私が読み書きできなかったからです。 私はヘブライ語での読み書きを学び始めたばかりでした。 私の言語の知識はそのときそれほどなかったのです。 そしてすべての1年生と同様に、作文はまだつたなく、スペルを間違えてばかりいたことは皆さんも想像できるでしょう。 母はヘブライ語を読むことができず、私も同じでした。 私は母のハンガリー語の手紙を読むことができず、読んでくれる人もいませんでした。 ですから、大変でした。 私の兄はヘブライ語で手紙を書いてくれましたが、私はそれも読むことができませんでした。 でもそれは、少なくとも誰かが読むことができました。 ですから少し風変わりですが、コミュニケーションは非常に難しかったのです。


詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.