証言者の歴史

ルース・モーザー・ボーソス

ルースは1938年の「水晶の夜」の発生後にオランダに引っ越しました。ルースと彼女の父は、米国に渡る許可を得ていましたが、ドイツが1940年5月にオランダを侵略したため、2人は出国できませんでした。 ルースは1943年にヴェステルボルク収容所に移送され、1944年にドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されました。連合国との交換協定が破綻した後、ルースはスイスの国境近くに拘留され、1945年にフランス軍によって解放されました。

謄本

収容所では、労働を強いられました。非常にばかげた労働でした。 我々は、砂を1つの場所から別の場所に運ばなければなりませんでした。 その仕事は理にかなっていませんでしたが、やらなければなりませんでした。その後時が経つと、さまざまな作業が我々に割り当てられるようになりました。私は縫製工場に派遣されました。ここでも、誰のために服を縫っていたのかはよくわかりませんでした。 我々は一日中働き詰めでした。 時には、私はオランダ人のところで仕事をしましたが、彼はナチスの支持者でした。つまりオランダ人ナチス農業主の農場で働いたのです。 我々は、豚小屋の掃除をさせられました。 そして農場のあちこちでも、さまざまな掃除をさせられました。 じゃがいも畑でも働かされました。この農業主がそれほど仕事をしなくても済むように、我々は奴隷のように働かされたのです。 彼は、収容所の近くに農場を持っていて、ナチス支持者であったために、ドイツ軍に協力して利益をむさぼったのです。 そして我々は報酬として、鶏と一緒の場所に座らされ、水っぽいスープを与えられました。 それが、1日の食事だったのです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.