証言者の歴史

ルース・モーザー・ボーソス

ルースは1938年の「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)の発生後にオランダに引っ越しました。ルースと彼女の父は、米国に渡る許可を得ていましたが、ドイツが1940年5月にオランダを侵略したため、2人は出国できませんでした。ルースは1943年にヴェステルボルク収容所に移送され、1944年にドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されました。連合国との交換協定が破綻した後、ルースはスイスの国境近くに拘留され、1945年にフランス軍によって解放されました。

謄本

アウシュビッツへ移送される人たちのリスト。100%確信していたわけではありませんが、行き先はアウシュビッツだと推測していました。列車はアウシュビッツから戻ってきました。通常、車掌か誰かが列車がどこから戻ってきたかを漏らしました。列車は追加の人々を乗せて、東へ移送するために戻ってきていたのです。リストは、月曜日の日中に作成され、火曜日に宿舎内で読み上げられました。囚人班長が宿舎に来て、移送される人たちの名前を読み上げていました。これはご想像のとおり、恐ろしい恐ろしいときでした。人々は、これが多分最後であることを察知しました。アウシュビッツで何が起こっているのかを100%知っていたわけではありませんが、恐ろしいことが起こっていることは知っていました。しかし、その恐ろしさは想像を絶するものでした。移送されていく人たちを皆が助けました。身の回りのものをまとめたり、慰めたり、自分の所持品や、移送中に食べられる少しの食べ物などをあげたりしていました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.