証言者の歴史

サム・スピーゲル

1942年に、サムは自分の住む町のゲットーに強制的に収容され、軍需工場での作業を課されました。 1944年に彼はアウシュビッツに移送され、列車工場で強制労働させられました。 彼は、ナチスがアウシュビッツを退去した後の8日間の死の行進を生き延びました。 彼は1945年1月にソ連軍によって解放されました。その後はドイツの難民キャンプに住み、そこで国連救済復興機関のために働きました。 1947年に彼は米国に移住しました。

謄本

我々が乗船したときに、乗客のアメリカ人にまず尋ねたことは、「いつ食べ物を得るためのクーポンをもらえるんですか?」ということです。 我々は長年、いつもクーポンをもらって食べ物を得ることに慣れていたからです。 彼はこう言いました。「心配するな。食べるものは十分あるよ。」でも、我々はそれを信じることができませんでした。 船が出航した後の最初の夕食のことを覚えています。 我々は皆、テーブルの周りに座っていました。そして、テーブルにたくさんのパンや食べ物が出されたのを見たのです。 誰もがこれらの食べ物をポケットに詰め込みました。こんなに多くの食べ物が、十分な食べ物があって、好きなだけ食べられるとは信じられなかったからです。 船上で亡くなってしまった1組の年配の夫婦さえいました。彼らはあまりにも多くの食べ物を一度に食べ過ぎてしまったのです。 そして最初の食事の後、私は3日間くらい食べられなかったことを覚えています。具合が悪くなってしまったのです。我々が飢えていた間にこれほど多くの食べ物が存在する世界があることを理解できなかったのです。


詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.