歴史映画の場面

ベルサイユとパリに卍の旗が掲げられる

ドイツによる低地帯やフランスへの西側移動作戦は、同盟国の前線を打破していきました。 6週間のうちに、英国軍はヨーロッパ大陸から退却し、フランスはドイツとの休戦を求めました。 フランスの首都であるパリは、1940年6月14日にドイツ軍の手に落ちました。この映像は、勝利を収めたドイツ軍がベルサイユ宮殿とパリのエッフェル塔に卍の旗を掲げる様子を示しています。 フランス国王の伝統的な住居であったベルサイユ宮殿は、ドイツ人にとって深い象徴的な意味を持っていました。 ベルサイユは1871年にドイツ帝国が宣言され、1919年にベルサイユ条約が署名された場所だったのです。ベルサイユ条約は、ドイツが第一次世界大戦に敗戦した後、屈辱的な講和条件をドイツに課したものでした。ドイツは4年後の1944年までパリを占領しました。

謄本

卍の旗がベルサイユ宮殿の上空を舞っています。ここは、1871年にドイツの運命が形成され、1918年にドイツが屈辱を強いられた場所でした。 熱望された目標であるパリが我々の手に落ちました。 フランスの心臓と魂、フランスの軍事産業の中心地、民主主義と自由主義の発生地がドイツ人の手に収まったのです。 帝国の軍旗がエッフェル塔に掲げられます。


  • National Archives - Film
詳細

シェア