エリアス(エリヤ)・グロスマン

エリアス(エリヤ)・グロスマン

生まれました: March 29, 1921

チェコスロバキア、メジラボルチェ

エリアスは、スロバキアの北東部の丘陵地にある小さな町に生まれました。彼の家族はユダヤ人で、イディッシュ語とハンガリー語を話す信心深い家庭に育ちました。父親は行商人、母親は小さな雑貨店を営んでいました。公立学校に通うほかに、エリアスは伝統的なユダヤ教育を受け、メジラボルチェのラビ養成学校に通いました。

1933~39年:町の住民は大部分がユダヤ人で、ナチスドイツを懸念していました。1938年のドイツによるオーストリア併合 [アンシュルス] に私たちは危機感を募らせました。パレスチナに移住した人もいましたが、町のユダヤ人指導者たちはパレスチナにユダヤ人国家を設立することに反対でした。私は町の中でも数少ないシオン主義者の一人でした。1939年3月に独立スロバキア国が設立されると、スロバキアはナチスドイツの同盟国となり、反ユダヤ人法を採択しました。私たちは、神に救済を祈りました。

1940~44年:スロバキア政府により私たちの家業が「アーリア化」され、私たちは生計を失いました。20歳の誕生日を迎えた後、私はスロバキア労働大隊に召集されました。私たちの労働団は「コーシャーバタリオン」として知られました。他の兵士と同じ給与を支払われましたが、銃の代わりにシャベルが支給されました。私の仕事は道路の建設でした。重労働ではありましたが、ドイツの親衛隊に包囲され、逮捕される1944年10月までは身は安全でした。その4日後、アウシュビッツ収容所に到着した私は、ガス室ではなく奴隷労働に選別されました。

エリアスは、1945年1月にフロッセンビュルク収容所に移送され、1945年5月2日にダッハウ近郊で米国軍により解放されました。エリアスは1947年に米国に移住しました。