カルマン・カーンウェス

カルマン・カーンウェス

生まれました: 1920

ポーランド、クプノ

カルマンは、ポーランド中南部の小さな村で、貧しいが敬虔なユダヤ人の両親のもと、10人の子供の長男として生まれました。彼の父親は農民から鶏や卵、野菜を買って、数キロ先のコルブスゾワ市場で売ることで、一家を支えていました。カルマンは、毎朝、公立学校があるコルブショバまで歩いて行き、午後は神学校に通っていました。

1933年〜1939年: 1933年、カルマンはルブリンにある有名なラビ養成学校に合格し、勉強することになりました。時間があれば、彼は古い文法の本をもとに、自力で英語を勉強していました。英語のとりことなった彼は、自分のことをカルマンではなく「チャーリー」と呼ぶようにと人々に頼みました。彼は米国への移住を希望し、その願いをかなえるためにエレノア・ルーズベルトに手紙を書きました。彼女からの返事は、彼を勇気付ける内容でした。彼は縁起を担いで、常に手紙を身につけていました。

1940年〜1944年: カルマンは、ドイツ軍のために道路を建設する強制労働者として働かされていたグウォグフ強制労働収容所から、16人と共に逃げました。彼はクプノに戻りました。そこでは、彼は納屋に隠れ、毎週、命懸けで村の知り合いの農民のところに食料を得るために出かけました。ある夜、コルブショバ強制労働収容所から脱走し、森の中に隠れていた2人のユダヤ人の友人が訪ねてきました。カルマンは、彼らと行動を共にすることを決めました。森の中で数か月隠れて過ごし、定期的に村に行き食糧を調達する生活をしていました。

村に行く途中で、カルマンは、昔の隣人であった何人かのポーランド人に待ち伏せ攻撃を受けました。森に潜んでいた友人が、胸にフォークが刺さったまま倒れている彼を発見しました。カルマンは翌日、亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.