モイス・ガニ

モイス・ガニ

生まれました: 1913

ギリシャ、プレベザ

モイスの家族は、ギリシャの都市とバルカン半島に1,100年住んでいたロマニオットユダヤ人でした。1920年代初期、モイスの家族は父親が仕事を探すためイタリアに引っ越しました。モイスは学校に通い、2年後に家族はギリシャに戻りましたが、彼は学校を卒業するためにイタリアに残りました。17歳でプレベザに戻ったとき、モイスはギリシャ語を忘れてしまっていました。

1933-39: モイスはプレベザの地元の電力会社で簿記係兼管理者として働き、両親と一緒に住みました。モイスは、イオニア海の浜辺で友達とピクニックをするのが好きでした。時には弟と妹を誘うこともありました。

1940-44: 1941年にドイツ軍がギリシャに侵攻し、1943年の秋にプレベザがあった地区を併合しました。プレベザのユダヤ人たちは、1944年3月にアウシュビッツに移送されました。モイスはユダヤ人特殊別動隊(死体を焼却炉に運ぶ部隊)としてビルケナウでの労働を命じられました。1944年10月7日、焼却炉IVの特殊別動隊は暴動を起こして、監督官を殺害し、親衛隊の護衛兵を武装解除して、焼却炉を爆破しました。まもなく、モイスを含め他の特殊別動隊の作業員も暴動に加わりました。

モイスは1944年10月にビルケナウで殺害されました。31歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.