証言者の歴史

アリサ(リサ)ナスバウム・ダーマン

リサは、信心深いユダヤ人家族のもとに生まれた3人の子供のうちの1人でした。 1939年に自分たちの住む町がドイツに占領された後、リサとリサの家族はアウグストゥフに引っ越し、その後スロニム(ソ連占領下のポーランド東部)に引っ越しました。 1941年6月、ドイツ軍は、ソ連の侵略中にスロニムを占領しました。 スロニムではドイツ軍がゲットーを設立し、このゲットーは1941〜1942年の期間、存在していました。リサはしばらくしてスロニムから脱出し、グロドノを経てヴィリニュスに移動し、そこでレジスタンス運動に参加しました。 彼女はパルチザングループに加わり、ナロッチの森の中にある拠点からドイツ軍と戦いました。 ソ連軍は1944年にこの地域を解放しました。東ヨーロッパの250,000人のユダヤ人ホロコースト生存者のブリハー(「飛行」、「避難」)移行に加わったリサと夫のアロンは、ヨーロッパを脱出しようとしました。 パレスチナに入ることのできなかった2人は、結果的に米国に定住しました。

謄本

ビャウィストクから、我々はルブリンにたどり着きました。 ルブリンでは、我々は多くの若い男女に出会いました。アロンは、彼らが彼の友人や彼の姉妹の友人のさらに友人であった、ハッショーメール・ハッツァーイール(青年防衛隊)のメンバーであることを知っていました。 我々は、彼らと共に移動しました。 ギリシャ系ユダヤ人としてのパスポートを受け取り、移動を開始したのです。 ルブリンからはクラクフに、クラクフからチェコスロバキアに、さらにブラチスラヴァに移動しました。 ブラチスラヴァからはハンガリーに移動しました。行く先で、我々はブリハーに出会いました。 彼らはなんとか列車に乗り、人々は自分の家に帰ろうと、ヨーロッパ大陸全体を集団で移動していました。 ユダヤ人以外の人々は、誰もが行き先を持っていました。 彼らはイタリア、チェコスロバキア、ルーマニアなどのあらゆる場所にある自分の家に向かっていました。 移動する人々で列車はいずれもいっぱいで、客車からあふれた人々が列車から落ちないようにあちこちにつかまっていました。 人々は、切符なしに移動していました。 赤十字からも、収容施設が用意されていることが伝えられました。 我々は赤十字から難民としてのパスポートを受け取りました。 そして、我々はハンガリーからグラーツにたどり着きました。 グラーツから占領下のヨーロッパにたどり着くには、川を渡らなければなりませんでした。 そのために我々はブリハーの助けを得ました。 我々の前に出発したグループは川を泳いで渡りましたが、一部の人々は溺れてしまいました。 それで川を渡ることをあきらめ、アルプスを越えるように残りのグループを誘導しました。 そこで我々はリーダーの誘導に従ってアルプスを越えたのです。 そしてトレビソにたどり着きました。 トレビソはすでにイタリア領でした。 そしてこのトレビソで、ユダヤ人部隊[パレスチナからのユダヤ人志願兵で構成される英国軍大部隊]に出会いました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.