証言者の歴史

バーバラ・レダーマン・ロッドベル

1933年、バーバラの家族はオランダのアムステルダムに移り住みました。 そしてアンネ・フランクとその家族と親しくなりました。 1940年、ドイツ軍がオランダに侵攻しました。バーバラのボーイフレンドのマンフレッドは地下組織と接触があり、バーバラは偽造書類を手に入れました。 彼女の両親と姉妹はヴェステルボルク収容所に移送され、次にアウシュビッツに移送されました。 バーバラは偽造書類を使って生き延び、レジスタンスのために活動しました。 ユダヤ人を隠れ家に連れて行く手助けをし、また彼女の偽名で借りたアパートにユダヤ人をかくまいました。

謄本

私はアルト・フェルシュタイゲンという名前の男性に出会いました。彼には、偽造書類を私のために取得できると話す友人がいました。 アルトはやって来て「そろそろ考えたほうがいいよ」と言いました。 彼はオランダ人で、ユダヤ人ではありませんでした。 そして「行かなくてもいいように、何かすることをそろそろ考えたほうがいい」と言いました。 「アルト、どこへ行くっていうの? どうしてそんなことを言うの?」と尋ねると、 「私の友人が話してくれたんだ。 君には証明書が必要だ。 300グルデンかかる」と彼は言いました。 今でも覚えています。300グルデンでした。 それは大金でした。 私は家に帰り、お金が必要なことを母に話すと、母は「なぜ?」と聞きました。 「証明書のため」と答えると、 母は「明日学校から戻ったら、用意してあるから」と言いました。 そしてそれが私の最初の偽造書類でした。 とてもひどい代物でしたが、 これが私の命を救いました。 当時、偽の証明書というのは、亡くなった人やたまたま証明書を失くした人の物でした。また、証明書を手に入れるには他にも方法がありました。何をするかというと、元の所有者の写真をはがし、新しい写真と指紋を貼り付け、変更の必要があるところをすべて変更します。 もちろんそれには「J」という文字はありませんでした。その書類はユダヤ人を表す「J」のない身分証明書でした。非常に信頼できる証明書に見えました。 今や私は22歳の女性でした。 おそらく私は17歳でしたが、お下げ髪をして小柄だったので、13歳ぐらいに見えました。 それはありえない書類でした。もし誰かがここに立って実際に私を眺め、この少女が22歳だと知ったらどうなっていたでしょう。 これが私が持っていた書類でした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.