証言者の歴史

ジョージ・サルトン

ジョージは1945年5月に米軍によって解放されました。彼は戦争中の3年間を10か所の強制収容所で過ごしました。 1945年、彼はドイツのヴェッベリン収容所にいました。 解放後、彼は2年間をさまざまな難民キャンプで過ごし、 1947年10月に米国に移住しました。

謄本

私の健康は著しく悪化していました。 歩くことも満足にできないほどでした。 腰が痛み、衰弱しきっていて、このまま死んでもかまわないという精神状態に陥るところでした。 でもまだ完全にその状態にはなっていなかったのです。人々が走り出すのが視界に入り、何が起きているのか見てみようと立ち上がる力が残っていました。 それでも相当に悪い状態で、ここで解放されなければ数日後には、トイレの前に山積みされている死体の仲間入りとなるだろうと思われました。 おそらく自分に残された時間は1週間か10日というところでした。解放されて食事を与えられ、日光を浴びてゆっくり座って休むことができなければ、回復することはなかったでしょう。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.