証言者の歴史

ゲルダ・ヴァイスマン・クライン

1939年、ゲルダの兄は強制労働に送られました。 1942年6月、ゲルダの家族はビエルスコのゲットーから移送されました。 彼女の両親の移送先はアウシュビッツでした。ゲルダはグロス・ローゼン収容所に送られて、戦争が終わるまで繊維工場で強制労働に従事しました。ゲルダは死の行進の後で解放されました。父親の言葉に従って履いていたスキーブーツが彼女の命を守ったのでした。

謄本

突然、見慣れない車が丘を下ってくるのが見えました。かぎ十字の付いた緑色の車ではなく、白い星が付いていました。 泥の跳ねた車でしたが、これまでの人生であんなに明るく輝く星を見たことはありません。 車から2人の男性が飛び降りると。私たちのほうに走ってきました。1人は私が立っているところに来ました。 彼は戦闘服を着ていました。 私は何だろうと考えました。 メッシュに覆われたヘルメットをかぶり、色の濃いサングラスをかけた彼は、ドイツ語で私に話しかけてきました。 「ここに英語かドイツ語が話せる人はいませんか」と言ったのです。私は「ドイツ語が話せます」と答えました。 私は自分たちがユダヤ人であることを言わなければならないと感じていました。でも、その星が何を意味するかがわかりませんでした。彼に話すのには少し不安がありましたが、「私たちはユダヤ人です」と言いました。 彼はしばらく何も答えませんでした。 それから彼は感情をあらわにした声で「僕もだ」と言いました。それは私の人生で最高の瞬間でした。 また、彼は信じられないような言葉を発したのです。 彼は「他のご婦人たちにも会わせてくれませんか」と言いました。 ご婦人などと呼ばれたのは、6年間でこのときが初めてでした。 彼は若い神様のように見えました。 私はそのとき体重が30キロぐらいしかありませんでした。 髪も真っ白でした。 何年も入浴することもできなかったのです。 それなのに、この人は「他のご婦人たち」という言葉を使ったのです。 私は、ほとんどの女性は中にいることを彼に伝えました。 そのほとんどは重病で歩けなかったのです。彼は「一緒に来てくれますか」と私に言いました。 私は「ええ」と言いました。 でも彼がどういうつもりなのかはわかりませんでした。 彼はドアを私のために開けて、先に通らせてくれました。この仕草は私の人間としての尊厳をよみがえらせてくれました。 このときの若い米国人が今の私の夫です。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.