証言者の歴史

ジョゼフ・マイアー

ジョゼフはライプツィヒの大学を卒業した後、1933年に米国に移住しました。 彼の両親と兄弟はそれより早くドイツを去り、米国に渡っていました。 ジョゼフはコロンビア大学に在学しました。 1940〜1943年の期間には、ニューヨークドイツ系ユダヤ人新聞の編集補佐を務めました。 1944年には、イギリスの米国大使館でプロパガンダアナリストとして勤務しました。 1946年には通訳としてドイツのニュルンベルグに渡り、ニュルンベルグ裁判の資料や記録を分析し、また数多くの尋問に関与しました。

謄本

感情は全く伴いませんでした。 それが彼の言う、無情な任務でした。 彼はその任務から快感を感じることも、快感を引き出すこともしませんでした。 私は、「それを楽しんでいたのではありませんか。」と尋ねました。 私は彼を試し、サディストであるかどうかを確認したかったのです。 彼はサディストではなく、完全に正常でした。 彼は、単に自分の責任を果たしていたのです。 私はそのことを確信しています。 彼は、自分が義務を果たしているだけ信じていたのです。 彼は自分の義務について考えましたが、自分の行っていた行為の異常性に対して目を閉ざして、心の奥底に追いやっていたのです。それは、この種の義務を遂行するために人の心理状態が陥る、途方もない深淵でした。 それは、正常な人であれば背くような行為です。 自分が行うよりは、死んだほうがましだと思うような行為です。 私自身は、それをするくらいなら自殺を図った方がましだと常に考えていました。 私だったら、ナチスの命令に従うよりも、ナチスと戦って死ぬことを選びます。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.