証言者の歴史

リオ・シュナイダーマン

ドイツ軍は1939年9月にポーランドを侵略しました。リオと彼の家族はウッチにあるゲットーに閉じ込められました。 リオは、ユニフォーム工場で裁縫師として強制労働させられました。 ウッチのゲットーは1944年に廃止され、リオはアウシュビッツに移送されました。 彼はその後、グロース・ローゼン強制収容所に送られ、強制労働を強いられました。 ソ連軍が進軍してくると、収容者たちはオーストリアのエーベンゼー強制収容所に移送されました。 エーベンゼー強制収容所は1945年に解放されました。

謄本

アウシュビッツに到着したのは、夜遅くになってからでした。 我々が到着し、門が開くとすぐに、悲鳴、犬の吠え声、そして、ドイツ人に仕える囚人班長たちが頭を殴っている音が耳に入ってきました。 そして、我々は列車から降りました。 すべては一瞬のうちに、左から右、右から左へと選別されていきました。 男性は女性から分離され、 子供は母親の腕から引き離されました。 老人は畜牛のように追い立てられました。 病人や身体障害者はゴミ袋のように取り扱われました。 彼らは、壊れたスーツケースや箱と一緒に脇に投げられたのです。 母が私のところに飛んできて、私の肩をつかみ、こう言いました。「レイベル、私はもうあなたには会えないわ。 弟のことを頼むわよ。」


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.