証言者の歴史

マーティン・スペット

ドイツ軍は1939年にタルヌフを占領しました。1940年にマーティンと彼の家族はアパートから追い出されました。 最初のユダヤ人大量殺人が行われたとき、マーティンは屋根裏に隠れていました。 家族はその後2回のユダヤ人狩りのときも身を隠していました。 1943年5月に、マーティンの母が米国で生まれたという理由から、ドイツ人捕虜との交替として彼らは拘束されました。 彼らは列車でクラクフに連れて行かれ、その後ベルゲン・ベルゼン強制収容所に送られました。 マーティンは1945年に解放され、1947年に米国に移住しました。

謄本

我々は、夜になると列をなしたユダヤ人がドイツ人によって連れられていく音を耳にしました。 それはずっと続いていました。 我々の家は町の郊外にあったので、彼らは我々の家を通り過ぎて墓地に向かっていきました。そしてユダヤ人を町の裏側にある森へと連れて行ったのです。 後になってわかったことですが、ユダヤ人は全員そこで銃殺されたのです。 日中、私は屋根板の間から外を覗きました。 父には覗くなと言われたのですが、私は子供だったので好奇心があったのです。 屋根からは墓地が見渡せたのですが、死体を載せた四輪車が運ばれていたのです。彼らはユダヤ人のグループを連れてきて穴を掘らせ、死体がそこに放り投げられました。その後、穴を掘らされたユダヤ人たちも射殺され、彼らの後に来た別のグループによって穴に突き落とされました。そして死体の上に石灰が振りまかれ、次のグループがこれらの穴を埋めて、別の穴を掘ったのです。 彼らは、[絶句]、彼らは[絶句]、妊娠した女性を連れてきました。彼らは銃は使いませんでした。 彼らは銃剣を使ったのです[絶句]。 母親たちの悲鳴が聞こえ、彼らは子供たちを母親の腕から奪いました[絶句]。 そして、その子供たちの悲鳴は今でも脳裏に残っています。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.