証言者の歴史

プレベン・ムンク・ニールソン

プレベンは、スネッカーステンという小さな漁村のプロテスタントの家庭のもとに生まれました。 ドイツ軍は1940年にデンマークに侵略し、プレベンはレジスタンスの秘密工作員になりました。 ゲシュタポ(ドイツ秘密国家警察)が1943年10月にデンマークのユダヤ人狩りを始めると、プレベンは逃亡者たちを海岸近くの家に匿い、スウェーデンに逃げるための船まで彼らを誘導しました。 プレベン自身も1943年11月に、スウェーデンに逃げなければなりませんでした。彼は1945年5月にデンマークに戻りました。

謄本

我々が彼らを船の待つ海岸に連れて行ったとき、我々は船がいつそこに到着するかを正確に把握していました。 船は通常はスウェーデンに停泊していましたが、その後毎日あちこちに移動していたのです。 そして、船が来ると、我々は旅客を船に乗せたのです。 状況はかなり安全でした。隠れ家から海岸までの道のりの安全を確保するために、我々はできる限りのことをしたからです。 [会見者の質問:「安全の確保とはどういう意味ですか。」] 彼らが捕まらないようにという意味です。 つまり、途中で彼らを脅かすようなものが何もないことを確認することです。 また、彼らは特別な態度で行動する必要がありました。つまり、非常に静かにしていることです。 時には子供が問題になることがありましたが、我々にはガスフェルズ医師がついていました。先生が子供たちに注射をしたのです。 しかし、先生は時には不安を示し、このように言いました。「この患者のことは知らない。 どれだけ与えたらいいのだろう。」 でも、何も起こりませんでした。 全員が逃亡に成功し、1人も旅客を失ったことはありませんでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.