証言者の歴史

ルース・ウェバー

ルースは、ドイツ軍がポーランドを侵略し、オストロビエツを占領したとき、4歳でした。 彼女の家族は強制的にゲットーに収容されました。 ドイツ軍は彼女の父の写真店を奪いましたが、ゲットーの外で働くことは許可されました。 ゲットーが廃止される前に、ルースの両親は彼女の姉を潜伏させ、ゲットーの外の労働収容所での仕事を得ました。 ルースも近くの森や収容所内に隠れていました。 収容所が廃止されると、両親と離ればなれになりました。 ルースはいくつかの強制収容所をたらい回しにされた後、最後にアウシュビッツに送られました。 戦後、ルースはクラクフの孤児院で暮らしていましたが、その後母との再会を果たしました。

謄本

私は幼かったのでよくわかりませんが、周りで行われていたことをそのままに受け入れていました。それについて私にできることはなかったし、ただ生き延びることに必死だったのです。 ともかく生き延びることが最も大事なことでした。 誰もがいつも言っていました。「我々は生き延びて、何が行われていたかを世界に伝えなければならない。」 つまりそれが、目的でした。 信じられないことが行われていたので、生き延びるだけでも意義があったのです。 そして、煙のように消えてしまうことが現実になっていました。たくさんの人々を乗せた列車が到着すると、彼らは特定の方向に移動していき、消えていったのです。 彼らは決して戻ってきませんでした。 彼らに何かが起こっていることは理解できました。煙突からは絶えず煙が立ち上り、特に列車が到着した後にはよく見られたので、私の歳でも事実を考え合わせて推測すると、行き先は、ブランケットの掛けられた柵の後ろ側であり、そこで行われていることは木立で隠されていましたが、決して戻って来られないことはわかりました。 実際に何が行われていたかは知りませんが、私にわかっていたことは、煙突の煙になってしまうことでした。 そして、火葬場が稼働していたときには、口の中に甘さが残り、何も食べる気になりませんでした。 そのようなときには正直なところ、あまりにむかむかして空腹を感じなかったのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.