証言者の歴史

ルース・ウェバー

ルースは、ドイツ軍がポーランドを侵略し、オストロビエツを占領したとき、4歳でした。 彼女の家族は強制的にゲットーに収容されました。 ドイツ軍は彼女の父の写真店を奪いましたが、ゲットーの外で働くことは許可されました。 ゲットーが廃止される前に、ルースの両親は彼女の姉を潜伏させ、ゲットーの外の労働収容所での仕事を得ました。 ルースも近くの森や収容所内に隠れていました。 収容所が廃止されると、両親と離ればなれになりました。 ルースはいくつかの強制収容所をたらい回しにされた後、最後にアウシュビッツに送られました。 戦後、ルースはクラクフの孤児院で暮らしていましたが、その後母との再会を果たしました。

謄本

私は戦後、誰に対しても憎悪を感じていました。 自分がこのように長い間、悲惨な目に遭わされていたことを恨んでいました。 その上、数か月の間、両親が生存しているかどうかさえ知らなかったのです。父は生き延びることができませんでした。私はすべてのこと、すべての人に対し、非常に腹を立てていたのです。 私が生き延びても、そのことを気に掛けてくれる人はいませんでした。 私は生き延びた後でさえ、保護されなければなりませんでした。 私たちがクラクフの孤児院にいた間、私たちは外出を許可されませんでした。私たちが生存するべきではなかったと感じていた人たちがいたからです。 そして、私たちが収容されていた家や庭の外に出ることは安全ではありませんでした。 ここは、私たちが足を踏み入れることを許された唯一の場所でした。 戦争はそのときまだ終わってはいなかったのです。 それは45年の春でした。すべてのことから生き延びた後、私の頭は自分の思い、自分の抱いた憎悪、私たちにこれらの仕打ちをしたドイツ人に対して私がしようと考えていたことで一杯になっていました。 子供がこのようなことまで考えるとは恐ろしいことです。今となっては怖くて考えられませんが、 私は虐殺者になるつもりでした。 復讐することを考えていたのです。 その後、母の助けもあって、過去を忘れようと努めるようになり、普通の生活をして、感じたり楽しんだりできるようになり、自分を破滅に追いやらずにすみました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.