証言者の歴史

サム・イツコヴィッツ

ドイツ軍は1939年9月にポーランドを侵略しました。マコウが占領されると、サムはソ連領土に逃げました。 彼は条款によりマコウに戻され、強制的にゲットーに収容されました。 1942年に、彼はアウシュビッツに移送されました。 ソ連軍が1944年に進軍してくると、サムをはじめとする収容者たちはドイツの収容所に送られました。 収容者たちは1945年の前半に、死の行進を強いられました。サムは爆撃中に逃亡した後、米軍によって解放されました。

謄本

毎日、ユダヤ人はゲットーから出て百人のグループ単位で並び、ドイツ人のために労働をしなければなりませんでした。 冬には、道路の雪かきをさせられました。 夏は、道路の建設を手伝わされました。 我々は、ドイツ軍にとって邪魔な家を取り壊さなければなりませんでした。 そして溝を掘り、湿地を整備させられました。 彼らは人間には適していない仕事を、我々をいじめるために探してきたのです。 なぜか我々は、彼らが思ったよりも長く生き延びることができたのです。


タグ


  • Jewish Community Federation of Richmond
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.