証言者の歴史

サラ(シーラ)ペレッツ・イートンズ

ドイツは1939年9月1日にポーランドを侵略しました。ドイツ軍による占領後、そのときわずか3歳だったサラと彼女の母は、ゲットーに強制的に住まわされました。 ある日、ポーランド系カソリック教徒の警官が、ゲットーが廃止されると警告してくれました。 彼はサラと彼女の母をまず自宅に匿った後、ジャガイモ倉庫の隠れ家、次に彼の所有地にあった養鶏場に匿いました。 サラは、その地域がソ連軍によって解放されるまで、そこに2年以上隠れていました。 戦後、サラはまず1947年にヨーロッパからイスラエルに入植し、次に1963年に米国に移住しました。

謄本

私はその小屋に2年以上隠れていました。 決して外には出ませんでした。 冬はとても寒く、夏はとても暑いところでした。 彼は、いつもは私たち2人のために毎日1斤のパンと1本の水のボトルを持ってきてくれました。 たまに特別なときには、わずかなスープを持ってきてくれることもありました。 そしてときには、彼が別の町に仕事で1日かそこら行かなければならないことがあると、彼の奥さんや娘さんは何も持ってきてくれなかったので、彼が戻ってくるまで1日か2日、お腹を空かせていなければなりませんでした。 そして母と私がその小屋にいたとき、母はときどき夜にそっと外に出て便器を掃除しましたが、私は決して外には出ませんでした。 母は私を決して外に出さず、私は外に出るのを恐れていたのです。 母と私には何もすることがありませんでした。私には遊ぶものが何もなかったのです。 私はそのとき6歳でした。鶏と遊んだり、藁で遊んだりしました。床にはたくさんの藁がありました。彼は小屋の隅にマットレスのようなものと毛布を用意してくれました。そこが我々の住んでいたところでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.