<p>ルース・コーン(最上列、左から2番目)と、プラハの学校のクラスメートたち。1928年、チェコスロバキア、プラハ。</p>

ヨーロッパにおけるホロコースト以前のユダヤ人の生活

ヨーロッパにおけるホロコースト以前のユダヤ人の生活 1933年にドイツでナチスが台頭してきた頃、ユダヤ人はヨーロッパ各国で暮らしていました。第二次世界大戦中にドイツ占領下の国々に住んでいたユダヤ人は、合計でおよそ900万人でした。終戦までに、これらのユダヤ人の3人の内2人が死亡し、ヨーロッパでのユダヤ人の生活が長期にわたって変わることになりました。

1933年の時点でユダヤ人人口が最も多かったのは、ポーランド、ソ連、ハンガリー、ルーマニアを含む東欧でした。東欧のユダヤ人の大部分が、「シュテットル」と呼ばれるユダヤ人の町や村で暮らしていました。東欧のユダヤ人は、多数派の文化の中で少数派として独特の生活を営んでいました。彼らはドイツ語とヘブライ語の要素を混ぜ合わせたイディッシュ語という独自の言語を話し、イディッシュ語の本を読み、イディッシュ語の劇場や映画館に足を運んでいました。大きな街の若いユダヤ人の多くは現代的な方法や衣服を採り入れ始めていましたが、年配の人々は、男性は帽子を被り、女性は控えめにカツラやスカーフで髪の毛を覆う伝統的な服装をしていました。

それと比べると、西欧(ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、およびベルギー)のユダヤ人は、人口がずっと少なく、ユダヤ人ではない隣人の文化を選ぶ傾向にありました。自分たちが住んでいる国の人たちのように衣服を身に着け、話し、彼らの生活の中では昔ながらの宗教的な慣習やイディッシュの文化はあまり重要ではなくなっていました。彼らは東欧のユダヤ人よりも正規の教育を受け、都市部で暮らすようになっていました。

農夫、仕立屋、裁縫婦、工員、会計士、医師、教師、および中小企業主として、社会のあらゆる職業でユダヤ人を見かけることができました。裕福な家族もいましたが、多くの家族は貧乏でした。多くの子供たちが早い段階で学ぶことを止めて工芸や産業の分野で働きましたが、大学レベルの勉強を続けることを心待ちにする子供もいました。子供たちの違いがどうであれ、彼らは次の点で同じでした。1930年代までに、ドイツでのナチスの台頭によって、彼らは皆、潜在的な被害者となり、彼らの生活は、その後、長期にわたって変わったという点です。

重要な日付

1791年9月
フランスでユダヤ人が解放される

「ユダヤ人の解放」という言葉は、ユダヤ人に対する法律上のあらゆる差別が撤廃されることと、特定国内のその他の市民と同等の権利が与えられることを意味しています。1791年9月、フランスの国民会議は忠誠を誓ったユダヤ人に対して市民権を付与しました。フランスは解放運動の先駆者でした。たとえば、他国でユダヤ人が解放されたのはもう少し後になります。ギリシャで1830年、英国で1858年、イタリアで1870年、ドイツで1871年、ノルウェーでは1891年に解放されました。このようにしてユダヤ人の公民的平等は法によって保証されていましたが、ヨーロッパのユダヤ民族は以前として反ユダヤ主義や社会的差別に悩まされ続けていました。

1922年6月24日
ドイツでユダヤ人政治家が暗殺される

ワイマール共和国で最も著名なユダヤ人政治家の1人であったヴァルター・ラーテナウが、右翼過激派によって暗殺されました。1915年からドイツのゼネラル・エレクトリック社の社長であったラーテナウは、1922年にワイマール共和国の外相になりました。1人のユダヤ人として、特に、ベルサイユ条約の条文を遂行するという彼の方針とソ連との関係を正常化したことから、彼は右翼グループから嫌悪されていました。ラーテナウを暗殺することは、第一次世界大戦でドイツが敗戦したのはユダヤ人のせいだとする右翼の反ユダヤ主義運動を示しています。

1936年3月9日
ポーランドのプシティクでのポグロム

ポーランドで暴動が勃発します。ポーランドのプシティクで、3人のユダヤ人が殺害され、60人以上のユダヤ人が負傷します。この暴行から数日後、ポグロムは隣接した町々に広がります。ポグロムが終わるまでに、80人近いユダヤ人が殺害され、負傷したユダヤ人は200人以上になります。ユダヤ人に対する暴行は1935年から1937年にかけてポーランド中心部全体に広がります。反ユダヤ主義のポグロムは、チェンストホヴァ、ルブリン、ビャウィストク、グロドノなどで発生します。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.