歴史映画の場面

アインザッツグルッペン裁判: ジャクソン裁判官がガストラック使用の詳細を述べる

ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦犯の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 この映像は、ニュルンベルグ裁判における米国の検事長であった米国最高裁判所のロバート・ジャクソン裁判官が、ソ連へのドイツの侵略中にユダヤ人をはじめとする人々を殺害する目的でアインザッツグルッペンがガストラックを使用したことを述べた冒頭陳述を示しています。

謄本

採用されたもう1つの絶滅手段は、密閉されたトラックやバンでの致死性ガスによる窒息でした。 ここでも犠牲者たちは、別の移住先に移送するためと言われてこれらの殺戮車に入るように促されたのです。 荷積み領域を出発したトラックは、有害な煙で満たされました。 数分後、トラックが遺棄場所に到達すると、すでに準備されている穴に死体が投げ込まれ、この穴は墓標のない集合墓地となったのです。 これらは、その当時アインザッツグルッペンが使用した一般的な手段でした。


  • National Archives - Film

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.