フェイガ・キシェルニッキ

フェイガ・キシェルニッキ

生まれました: 1888

ポーランド、カウシン

フェイガは夫のウェルウェルと3人の子供と一緒に、ワルシャワの35マイル東にあるユダヤ人が多く住んでいた小さな町、カウシンで暮らしていました。 キシェルニッキ一家は信心深く、家ではイディッシュ語を話していました。 フェイガは主婦で、商人であった彼女の夫はしばしば馬や荷馬車でワルシャワへ仕事に出かけていました。

1933-39: ドイツ軍がポーランドに侵攻し、数日前にドイツ軍がカウシンの戦場でポーランド軍と戦いました。 私たちの家も含めて町の半分が爆弾によって壊滅状態になったので、私たちは、町外れにあるウェルウェルの従兄弟のモージェの家の近所に引っ越しました。 ドイツ軍はカウシンに駐在しており、ナチスは他の町から何百人ものユダヤ人を「移住」させました。 何世帯かの家族で同居しなければなりませんでした。

1940-44: カウシンの状況は悪化し続けました。 ナチスが最近封鎖したここゲットーでは、人々は飢えで死にかけていました。 過密状態の家で、恐ろしいチフスを媒介するシラミを取り除くのは難しく、21歳になる息子のイスラエル・イザックは既に熱で倒れていました。 私は彼のことを案じていました。 彼は既に空腹で衰弱しており、薬もほとんどありませんでした。 それでも、できる限りの看病をしました。

フェイガの息子はチフスで死亡しました。 1942年の終わり頃、ナチスはカウシンの町を一掃し、ほとんどのゲットーの住人をトリブレンカの死の収容所に送り込みました。 フェイガは54歳で死亡しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.