リリー・アプルボーム・マルニック

リリー・アプルボーム・マルニック

生まれました: November 5, 1928

ベルギー、アントワープ

リリーのユダヤ人の両親は、彼女が生まれる前に離婚しました。彼女の母親はブリュッセルに移り、レインコートを作る小さな作業場を営みます。しかし、3人の子供たちを1人で育てることができませんでした。末っ子のリリーは、アントワープに残り、アントワープのダイヤモンド地区の中心近くにあるユダヤ人地域のアパートで、祖父母によって育てられました。

1933年〜1939年: 祖父はアパートで靴を作る仕事をしていました。お客さんが私の家に足のサイズを測りにやってくることもありました。貧しかったため、私は私立のユダヤ人学校ではなく、公立学校に通わなくてはなりませんでした。祖母が1939年に亡くなると、ブリュッセルにいる母のもとで暮らすようになりました。放課後は、作業場でレインコートを作る母を手伝いました。1940年5月10日、西部をドイツ軍が攻撃し、同年5月17日金曜日には、ドイツ軍がブリュッセルに侵攻してきました。

1940年〜1944年: 1944年にアウシュビッツに移送された私は、収容所の炊事場で働くように命令されたので、幸運でした。飢えたハンガリー系ユダヤ人の女性と子供たちが移送されてきました。彼らは翌日には殺害されるため、その日の夜は食料を与えられませんでした。私は彼らの宿舎にじゃがいもをこっそり差し入れすることにしました。暗闇の中、食料を渡すと、騒ぎが起こりました。すると突然、電灯が点きました。宿舎のリーダーが怒鳴りました。「あなた、告発されたらどうするの。射殺されたかもしれないのよ。」そして、彼女は静かに「自分の宿舎に戻りなさい」と言いました。翌日、ハンガリー人たちはガス室で殺害されました。

リリーはベルゲン・ベルゼン強制収容所に向かう死の行進を生き延び、1945年4月15日に解放され、ブリュッセルに戻り、その後1946年に米国へと移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.