マグダレナ・カサロー

マグダレナ・カサロー

生まれました: January 23, 1924

ドイツ、ボーフム

11人いる子供のうちの1人であるマグダレナは、エホバの証人として育てられました。彼女が7歳のときに、一家はバート・リップスプリンゲという小さな町に移り住みました。父親は退職した郵便局員で、母親は教師でした。彼らの家はエホバの証人の集会所だったので、「黄金時代」として知られていました。マグダレナは8歳にして、多くの聖書の一説を暗唱することができました。

1933-39: 私たちの忠誠心はエホバにあったので、ナチスは私たちを敵として見なしました。12歳のとき、私は両親と姉の宣教活動に加わりました。カトリック司祭たちは私たちを非難しました。自宅で聖書研究会を主催していた父は逮捕され、母も逮捕されました。ゲシュタポは何度も自宅を捜索しましたが、姉妹と私は宗教的な文献をなんとか隠し通しました。1939年、警察は3人の妹弟たちをナチスの児童養護施設に「再教育」の名目で連れて行きました。

1940-44: 私は1941年の4月に逮捕され、18歳まで近くの少年刑務所に拘留されました。信仰を捨てる陳述書に署名すれば自宅に帰してやると言われました。しかし私はそれを拒否したので、ラーフェンスブリュック強制収容所に送られました。一般犯罪者や売春婦との悲惨な旅の後、私は庭仕事や親衛隊女性の子供の世話をする仕事に割り当てられました。1年以内に母と姉のヒルデガルドも神のご加護によりラーフェンスブリュックに移され、私たちエホバの証人は再会しました。

1945年4月、ラーフェンスブリュックからの死の行進中、マグダレナと彼女の姉、母親は解放されました。戦争が終わると、彼女たちはバート・リップスプリンゲに戻りました。