証言者の歴史

ヘッシー・レビンソンズ・タフト

戦争前の反ユダヤ感情が高まる中、ヘッシーの家族はドイツを逃れてパリに移りました。 1940年6月、フランスはドイツ軍の手中に落ち、ヘッシーの家族は南フランスの「自由圏」に逃れました。 家族は米国へのビザを1941年に取得しましたが、ビザの有効期間内に出発できず、期間延長は許可されませんでした。 1942年、ヘッシーの家族はキューバへのビザを取得し、数年間キューバに落ち着いた後、1949年に米国に移住しました。

謄本

米国の移住ビザを取得するのは困難でした。自分の生活を支えられることを証明しなければならなかったからです。政府による福祉や米国の誰かの世話にならず負担をかけないこと、健康であることが必要でした。 これらをすべてクリアした後さらに、90日以内に米国に上陸することと言われました。 時間が経つにつれて、父はその期間内に家族を米国に到着させることは不可能だと気づきました。 ビザの有効期限が切れる30日前に、父はワシントンにビザの延長を申請しました。 大西洋を横断する商業客船は当時運航していませんでした。 1941年の当時、大西洋を航行しているのは巡視艦や潜水艦でした。 私たちはワシントンからの回答を待ちました。 待ちわびた返事は「ノー」で、ビザは延長されませんでした。 ですから、私が今ここにいるのは米国政府のおかげではないのです。 父はあらゆる手立てを尽くしました。 中南米の数々の領事館に連絡を取り、最終的にはキューバ領事館が父の話に耳を傾け、お金を受け取って、キューバ入国のビザを発行してくれたのでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.