証言者の歴史

ジョゼフ・マイアー

ジョゼフはライプツィヒの大学を卒業した後、1933年に米国に移住しました。 彼の両親と兄弟はそれより早くドイツを去り、米国に渡っていました。 ジョゼフはコロンビア大学に在学しました。 1940〜1943年の期間には、ニューヨークドイツ系ユダヤ人新聞の編集補佐を務めました。 1944年には、イギリスの米国大使館でプロパガンダアナリストとして勤務しました。 1946年には通訳としてドイツのニュルンベルグに渡り、ニュルンベルグ裁判の資料や記録を分析し、また数多くの尋問に関与しました。

謄本

彼らはすべて、1人の例外を除き、私に同じ印象を与えました。それは非常に悲しい、さえない印象でした。 1人の例外は、非常に高いIQを持っていた、ライヒスバンク[ドイツ帝国銀行]の前総裁のヒャルマル・シャハトでした。 彼は、非常に高いIQを保持していました。 ただ不思議なことに、彼は後に連邦地方裁判所の裁判官となった大佐から尋問を受けることを望んでいたのです。 彼は経済に秀でており、自分の経済的才能と専門分野などについて、尋問を受けることを望んでいました。そして、自分が解雇されるまで、ナチス政府の内部においてその構築と崩壊の両方にどのように自分が貢献したかを暴露する相手となる尋問者を要求したのです。 この非常に知的で優れたIQを持つ、自分を印象付けた唯一の男は、開かれた軍事裁判の被告席に座っていました。我々の落ち度ではありますが、彼は誤ったグループと関わり合っていたのです。 彼はこう言いました...「このこと全体は自分にとっては問題ではありませんでしたが、そこのうさんくさい一団だけは関係あります。 本当にそうです。 でも彼らとは関わり合いたくありません。」 彼は結果的に無罪の判決を受けたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.