証言者の歴史

リリー・アプルボーム・マルニック

ドイツは1940年5月にベルギーを侵略しました。ドイツ軍がリリーの母親と兄弟たちを捕らえた後、リリーは潜伏しました。 友人や家族の助けを借りて、リリーは2年間、ユダヤ人としての身分を隠していました。 しかし、1944年にリリーはベルギー人の告発により、メヘレン強制収容所を経てアウシュビッツ・ビルケナウに移送されました。 アウシュビッツからの死の行進後、リリーは英国軍によりベルゲン・ベルゼンで解放されました。

謄本

彼らはこう言いました。「これからは自分の名前で返事をするな。 おまえの名前は番号だ。」 私は妄想、失望、落胆を感じ、自分がもはや人間ではないように思えました。 私たちは頭を刈られ、とても恥ずかしい思いをしました。 そして、服を脱いでシャワーを浴びるように言われたときには、動物のように扱われているような気になりました。 男たちは歩き回って笑いながら私たちを見ていました。男性にさらされたことのない若い少女が裸で晒し者にされたのです。私は地面に穴があったら入りたい衝動に駆られました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.