歴史映画の場面

ニュルンベルグ裁判: ゲーリングの証言

ヘルマン・ゲーリングは、ドイツ空軍の総司令官でした。 彼は、ニュルンベルグの国際軍事裁判で裁判にかけられた22人の主要戦犯の1人でした。 ここで、ゲーリングは1941年7月31日に、国家保安本部長であるラインハルト・ハイドリヒに対し、いわゆる「ヨーロッパのユダヤ人問題の最終的解決」を計画する許可を与えた命令について証言します。 この裁判で、ゲーリングはすべての訴因に関して有罪となり、死刑を宣告されました。 ゲーリングは処刑が行われる直前に、自殺を図りました。

謄本

「いいえ、それは全く正しくありません。」 「それではあなたの解釈を話してください。」 「...移住または立退きによりユダヤ人問題を解決するという、時間が許す範囲内で最も望ましい解決策としてあなたに与えられた使命は1939年1月24日の命令にすでに含まれています。したがって、その遂行を準備するにあたり、組織的、機能的、および物質的対策の総合的な計画を行う権利を与えます。ここで、これまで誤って訳されてきた決定的な言葉についてですが、ここで述べられているのは、最終的解決ではなく、完全な解決、つまり、ヨーロッパでドイツの影響が及ぶ全範囲にわたるユダヤ人問題の完全な解決です。」 「この件自体は治安警察および親衛隊と親衛隊大将ハイドリヒに対して指示されたものと解釈していいですね。」 「その通りです。」


タグ


  • National Archives - Film
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.