歴史映画の場面

ライン地方の再軍備

1919年のベルサイユ条約の条項により、第一次世界大戦に敗戦したドイツが、フランス、ベルギー、およびオランダの一部との国境を接するドイツ西部のライン地方の非武装化地帯に軍隊を配備することは禁止されていました。 条約では、米国の軍隊を含む連合国軍がこの地方を占領することが規定されています。 1936年3月7日に、ヒトラーはこの条約を大胆に無視し、ドイツの軍隊がこの地帯を再び占領することを命じました。 ヒトラーは、西側諸国が介入しないことに賭けたのです。 ヒトラーの行動はイギリスとフランスから非難を受けましたが、どの国もこの条約を強制するための介入は行いませんでした。 この映像は、ライン地方に侵入するドイツ軍を示したものです。

謄本

非武装化地帯の侵入の始まりとして、崇高なケルン大聖堂の横をドイツの軍隊が行進していきます。 兵士と銃であふれたこの町の通りに、この17年間で初めて上げ足歩調が響き渡ります。 ヒトラーの大胆な作戦の成り行きを想像もしない老若男女は彼らを歓迎します。 誰もが喜びで一杯になっています。 この興奮の最中では、戦争の恐怖がいとも簡単に忘れ去られたようです。 ライン川のほとりのコブレンツは、かつて米国の軍隊によって占領されました。 今は、ナチスの歩哨が警備しています。


  • UCLA Film and Television Archive

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.