デイビッド・J・セルズニック

デイビッド・J・セルズニック

生まれました: 1912

リトアニア、アニークシュチェイ

デイビッドが育ったリトアニアの村は、ラトビア国境の近くにありました。 彼の父は行商人でした。 デイビットは6歳のときに、ラビ養成学校で伝統的なユダヤの教えを学ぶためにウクメルゲに送り出されました。この町はヴィルクメルゲというロシア語の名前でユダヤ人に知られていました。 6年後、デイビッドの父が死亡したため、セルズニック一家の家長となるために家に呼び戻されました。

1933-39: 1933年に職を失った私は、リトアニアを出て米国に渡り、その後ポルトガルに行きました。 しかし、1936年にバルト海沿岸諸国がスターリンとヒトラーの攻撃を受ける可能性が高まり、私は母と妹たちを助けるために家に帰る決意をしました。彼女たちはコブノの町に移り住んでいました。 戦争の脅威が迫ってきましたが、ユダヤ人は町を離れることができませんでした。 仕事のコネを通じて事務用品の小売店で職を見つけました。

1940-44: 1941年夏にドイツ軍がコノボを占領し、私たちはゲットーに追いやられました。 1943年に事態が悪化し、1944年3月にゲットーのユダヤ人殺害がエスカレートしました。ウクライナ人やリトアニア人の一部がナチスに手を貸していたのです。 子供を建物の最上階に連れて行き、通りに立っている護衛兵に向かって窓から落とすのを目撃しました。 護衛兵は子供を拾い上げ、子供が死ぬまで壁に頭を叩きつけました。

1944年にデイビッドは、ゲットーを出る移送車から逃げ出し、地域が開放されるまで3週間、近くの森に隠れていました。 彼は1949年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.