イロナ・カーフンケル・カルマン

イロナ・カーフンケル・カルマン

生まれました: May 12, 1906

ハンガリー、エアドゥーベンニャ

イロナはハンガリー北東部の高地にあるエアドゥーベンニャ村に住む信心深いユダヤ人の両親のもとに、4人の子供の1人として生まれました。カーフンケル家は村のはずれにあり、裏庭には広い庭園、果樹園もありました。両親は小さなブドウ園と小さな食料品店を経営していました。彼女はフェレンツ・カルマンと結婚し、夫婦はブダペストから北東に58キロ離れたハトバンに移り住みました。

1933年〜1939年: フェレンツと私は常に、自分たちをユダヤ人というよりハンガリー人であると考えていて、ハトバンではとても尊敬されていました。しかし、最後の数か月は、右翼の反ユダヤ主義者が力を増し、社会の雰囲気が徐々に変化していると感じました。娘ジュディスの同級生の中には、彼女を愚弄し始めるものも出てきて、娘も、他の人にとっては、自分たちはハンガリー人である前にユダヤ人であるのだと感じとっていました。

1940年〜1944年: 数週間前にドイツ軍がハンガリーに侵攻してきた後、フェレンツは強制労働に徴集されました。そして、私とジュディスは、地域の全ユダヤ人が1か所に強制的に集められたハトバンの製糖工場に移住するよう、命じられました。ハンガリーの憲兵は、私たちがゲットーに持ち込める手荷物の重さはたったの50キロだと言いました。ジュディスにとっては大変辛いものでした。彼女は他人のために素敵な物を残すことを拒み、涙にくれながら、チェコスロバキアから持ってきた一度も使用したことのない美しいガラス皿を壊し始めました。

1944年6月、38歳のイロナと彼女の娘は、アウシュヴィッツに移送されました。ジュディスは、強制労働を強いられました。イロナは到着後すぐにガス室で殺害されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.