証言者の歴史

ゲルダ・ハース

ゲルダはドイツのアンスバッハという小さな町で、信心深い家族のもとに育てられました。彼女の父は、ユダヤ人の肉屋でした。 彼女は1936年までドイツの学校に通い、その後ベルリンに移ってユダヤ人学校に通いました。 彼女は1938年11月の水晶の夜の事件後に自分の故郷に戻りました。彼女の家族はその後ミュンヘンに移るように命じられ、1939年7月に彼女の父はイギリスに渡り、その後米国に移住しました。 彼は、残りの家族を呼び寄せることができませんでした。 ゲルダは看護学を学ぶために1939年にベルリンに移りました。 彼女はそこのユダヤ病院で2年間働きました。 彼女の母はラトビアのリガに移送され、同じく看護婦であった彼女の姉はアウシュビッツに移送されました。2人とも、戦争を生き延びることはできませんでした。 1943年に、ゲルダはテレージエンシュタットのゲットーに送られ、そこで看護婦として働き続けました。 彼女は1945年2月にスイスに出発し、1946年4月に米国で父との再会を果たしました。

謄本

ええと、父は39年に発ち、40年、いえ46年、46年4月に父に再会しました。それはとても不思議な再会でした。 私は船で到着しました。そのときはちょうどパスオーバー、つまりユダヤ教の過越の祭の最中でした。 父は、そのときもとても信心深かったのです。 そして父はボストンまで私を迎えに来てくれたのです。 私はボストン港に到着したのですが、父は船まで私を迎えに来ることができませんでした。 代わりに別の人が迎えに来て、その人が父の住むアパートまで私を連れてきてくれて、父と再会したのです。 私はそれまでにたくさんのことを体験してきたので、年老いた父に会うことを想像していました。 私は人生を6回くらい生きてきたのです。私にとっては、百年も生きてきたように感じられました。 それで私は、年老いて、悲嘆、悲しみに満ち、自責の念に駆られて傷つた男性を想像していたのです。 でも、そうではありませんでした。私を迎えてくれたのは、若くて素敵で、黒々とした髪を持ち、背筋の伸びた、働き盛りの50歳の男性でした。それで私は、自分の内面的な見方を変え、現実に見たものに慣れなければなりませんでした。 それは少し困難なことでした。 そして、父と私が互いに歩み寄ることができるようになるまでにはしばらく時間がかかりました。 私はそれを白状しなければなりません。 本当にそうでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.