証言者の歴史

イレーヌ・ヒズメとルネ・スロットキン

イレーヌとルネは、レナーテとルネ・グットマンのもとに生まれました。 2人が生まれて間もなく、家族はプラハに移りました。プラハに住んでいた1939年3月、ドイツ軍がボヘミアとモラビアを占領しました。数か月後、父親は軍服を着たドイツ兵に逮捕されました。 数十年後、イレーヌとルネは父親が1941年12月にアウシュビッツ強制収容所で殺害されたことを知りました。イレーヌとルネは母親と共にテレージエンシュタットのゲットーに送られ、後にアウシュビッツに移送されました。 アウシュビッツでルネとイレーヌは引き離され、医学的な実験の対象になりました。 イレーヌとルネは、アウシュビッツから解放された後もしばらく離ればなれのままでした。 1947年、イレーヌは児童救出グループによって米国に連れてこられ、そこで1950年にルネと再会しました。

謄本

イレーヌ: その次に覚えていることは、その少し後のことです。私たちは歩いていました。夜間に雪の中を、私たちの母はスーツケースを引きずっていました。私はどこにも行きたくないと思ったのを覚えています。 母は私をぐいと引っ張りました。母親がよく子供に、こっちに来なさいと言って手を引っ張るような感じです。 私は母親がそんなふうに私を引っ張ったのを覚えています。
ルネ:私は母に引っ張られたのは覚えていないので、おとなしく歩いていたのでしょう。 その夜のことでは、犬が何頭かいたのを覚えています。
イレーヌ: そう、犬が吠えていたんです。 それから汽車に乗りました。
ルネ:そう、汽車に乗ったのは私も覚えています。
イレーヌ: 私も。
ルネ:今になってわかるのは、あれはアウシュビッツに行く汽車でした。 ぎゅうぎゅう詰めの車内の暑さ、臭い、狭さ、そして苦痛。 人が何人も死んているという話が聞こえてきました。
イレーヌ: うめき声も。
ルネ:うめき声、そう、本当にひどいものでした。
イレーヌ: 私たちはまだ小さかったので、大人の身体に押しつぶされそうでした。 そして、横になりたいと思ったのを覚えています。ただ横になりたかったのです。
ルネ:そう、でもなぜか横になることはできませんでした。
イレーヌ: そんなスペースはありませんでした。
ルネ:場所がなかったのです。それに床が汚くて、横になるところなんてどこにもありませんでした。
イレーヌ: そんな場所はなかったのです。 汽車に乗りこんだときの姿勢でずっといるしかありませんでした。 でも、私たちは泣きませんでした。
ルネ:ええ。
イレーヌ: 私たちはとても怯えていましたが、泣きませんでした。 泣いたりするものじゃないということをわかっていたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.